料理が好きですが何か!

すでに60歳を超えている親父爺である。料理は嫌いではない。というよりも好きな方である。

だから、料理が嫌いという女性とは話が合わない。考えてみると料理だけではなく家事全般が嫌いではない。だから妻に先立たれても困らないと思う。

逆に妻が困るのではないかと思う。なにしろ家の中でトラブルが発生したらすべて私が解決していたのだから。

という訳で毎日キッチンに立って独り言を言いながら包丁を使っているのだが、戯言をこれから載せていこうと思っている。

親父爺
親父爺

大した内容ではないので無理して読まなくてもいいよん!

ではさっそく

サツマイモだけのレシピ

サツマイモといえば焼いたりふかしたりするのが一般的だが、私は嫌いという訳ではないが好んで食べようとは思わない。

じゃあどんなふうにすれば好きなのかというと、大学芋風に味付けが好きである。
といっても市販の大学芋もあまり食べたくはない。あくまでも大学芋風に味付けにするだけ。ではレシピを書いていこう。

①サツマイモは短冊状に切る。大きくても良い。
②フライパンに多めのサラダ油をいれ短冊状のサツマイモを入れ炒める。
③数分間炒めたら醤油、味醂、砂糖を自分の好みの甘辛さにして投入する。
④全般的にしんなりして日が通ったら炒りごまをまぶして出来上がり。

味見をしてシャリシャリしていて硬いようだったらレンジでチンすればいい。
私はシャリシャリの歯ごたえが好きなので硬めにしている。

甘辛いので酒のあてにもなるし、ご飯のおかずにもなるので良く作る。
食べ始めたら止まらなくなるのが難点である。

親父爺
親父爺

たまたま家にあった紅芋で作ったのがこれ。
甘みが強く美味いんだよね!

サツマイモを人参に置き換えれば人参でも応用が効く。人参のエグミが少なくなるので人参嫌いの人でも食べられるかもしれない。

小さな子供がいたらぜひ試してほしい。責任は自己責任ということで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました