カルシウム補給に田作り

最近よく作るのは煮干しとくるみを甘辛くした田作り(たづくり)である。
カルシウム不足になりがちな家族の為に最近よく作る。

親父爺
親父爺

うちのかみさんが大分ポンコツなもんで作り始めたんだが、あいつ歯も弱いんだよな・・・。噛めるかな・・?

①田作り用の煮干しを電子レンジで30秒温める。
②鍋に砂糖と醤油を入れ煮詰めタレを作る。
③タレに煮干しとくるみを絡めてでき上がり

簡単で、酒のあてによし、栄養もあり、ご飯にも合うと思う。
(ご飯に合わない人もいるかも)

そういえばくるみって結構高いので、俺は100均で買っている。40g入りで100円だからスーパーよりも安いと思う!

くるみはものすごく栄養豊富である。
ざっと並べると

・オメガ3脂肪酸を最も多く含んでいる
・ポリフェノール、メラトニン、抗酸化値がナッツ類で最も高い
・ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB6、葉酸、などのビタミン類
・マグネシウム、銅、亜鉛、などのミネラル類
・食物繊維

くるみの栄養価はこのように大変よろしい!

ところがカルシウムは単体では吸収しにくいので、マグネシウム、ビタミンD、ビタミンCと一緒に摂ると効率よく摂取できるらしい。

親父爺
親父爺

くるみにはマグネシウムが豊富なので一緒に調理することは理にかなっているという訳だな。
でも、カルシウムを一番効率よく取れるのは牛乳とのことだ。コップ1杯で220mgのカルシウムが含まれているらしい。

田作りはおせち料理の1品である。だが、俺が良く作るのは単に酒の肴にするためだ。くるみと煮干しがいいハーモニーになっていると思わんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました