実家の味!白ホルモンのやきとり

私だけしかできない自慢のレシピが白ホルモンの串焼きです。
私の両親は居酒屋をやっていて名物が「やきとり」でした。

やきとりといっても鶏の焼き鳥ではなくモツの串焼きなんですが、白、ハツ、タン、レバーがメインです。季節によりツムギやスズメを1羽丸ごと焼いた小鳥焼きを出していました。

私がたまにするのは白ホルモンです。両親の作業を見よう見まねで覚えていました。

初めのころはスーパーでボイルしてある豚の腸を買って、家で串に刺していました。
ホルモンと玉ねぎを交互に刺していくのが我が家流です。

これをたれを付けて焼くのですが、グリルで焼いても美味くなりません。
下から強火で焼かないと美味くならないのです。
しかし、家で焼くととんでもないことになります。家中に煙が蔓延してしまうのです。

だから私はいつも玄関の軒下でバーベキュー用のコンロで焼いています。

やきとりを焼いている
モツのやきとり

実家のやきとりのたれは醤油と飴と砂糖を煮詰めたものです。実家では飴を大量に入れていました。たれは大きなカメに入れて減れば継ぎ足して使っていました。

我が家のたれは醤油と砂糖と水あめを、煮詰めたものです。
水あめを入れたほうがとろみがついて美味しくなりますが、無いときは単純に醤油と砂糖だけにします。

家に来客がある時に出したときは大変喜ばれます。
居酒屋メニューですがご飯にもとても合います。
だから、子供や女性にも大人気です。

特に子供はコンロで焼いているところまでついてきて、焼き立てをあげると大喜びです。
私はビールを飲みながら焼き立てを肴にして焼いてます。
楽しいですよ!

マイケアのしじみにんにく卵黄は弱った肝臓をオルニチンの効果で元気にします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました